2017年02月11日

2017 サッカー&ラグビー日本高校選抜 選出

26期、27期のOB達のがんばり。
日本サッカー協会(JFA)は10日、18日に日産スタジアムで開催される富士ゼロックススーパー杯2017 「NEXT GENERATION MATCH」でU-18 Jリーグ選抜と対戦する日本高校サッカー選抜メンバーを発表した。

このメンバーの中に
26期 松本 泰志 マツモト タイシ(昌平高/3年)→サンフレッチェ広島
27期 飯島 陸 イイジマ リク(前橋育英高/2年)
の2名が選出された。

23名のメンバーの内、2名が江南南出身です。
2人は思いっきりサッカーを楽しんでもらいたい。
日本サッカー協会のページはこちらです。

また、26期 山沢 京平(深谷高校3年)もラグビー高校日本代表に選出された。
日本ラグビー協会のページはこちら


サッカーだけでなくラグビーも!
OBが3人高校年代の日本代表に名を連ねる事は奇跡に近い。

がんばれ、松本、山沢、飯島選手。



posted by 江南南 at 08:47| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

26期 松本泰志 サンフレッチェ広島入団

うれしいニュースが飛び込んできた。

OB26期 松本泰志君(昌平高)がJ1サンフレッチェ広島に入団が決定した。
サンフレッチェ広島のホームページはこちら

taisi.jpg

松本 泰志(まつもと たいし)
東松山市立松山第二小学校(埼玉県)/江南南サッカー少年団(埼玉県)
⇒ 東松山市立北中学校(埼玉県)/クマガヤSC(埼玉県)
⇒ 昌平高等学校(埼玉県)

足下の技術が高く、ゲームをコントロールできるMF。
鋭い得点感覚と創造性あふれるパスも魅力で、相手ゴール前で大きな仕事ができる。

コメント
小学生時代からの夢であったプロサッカー選手になることができてうれしく思います。
プロになる自覚と責任を持ち、家族や今まで支えてくださった方々に感謝しながら日々の練習に励んで
少しでも早く試合に関われるように頑張っていきたいと思います。
今後とも応援をよろしくお願いいたします。

これで、24期茂木力也(浦和→愛媛レンタル) 25期黒川敦史(大宮),志村駿太(草津)
 26期松本泰志(広島)とOBが3期連続でプロへ。
また、また楽しみが増えた。
posted by 江南南 at 14:17| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

がんばるOB@2016インターハイ昌平 松本泰志

2016中国総体
OB26期 昌平高校 松本 泰志が活躍。
4強入りの決勝弾。
埼玉新聞より
泰志.jpg

惜しくも本日、市立船橋に敗れてしまったが、東福岡、静岡学園等を破って進んだ。
選手権出場にむけてがんばれ!
posted by 江南南 at 19:06| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

選手権がんばるOB@昌平高校

第93回 全国高校サッカー選手権大会
埼玉県代表 昌平高校
松本 泰志選手(26期)
が頑張っている!
頑張れ松本選手!

93昌平.jpg

昌平高校の初戦は
12月31日(水)NACK5スタジアム大宮
対米子北高校 12:05 キックオフ
posted by 江南南 at 09:10| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

26期報告会(同窓会)画像


26期報告会での思ひ出の何枚かを掲載しよう!


みんな卒業、卒団おめでとう。

1394972316712.jpg



1394972422879.jpg



1394972429544.jpg



1394972435245.jpg



1394972443894.jpg



1394972457702.jpg



けっぱれ!26期生!!

いざ!勝負!!
posted by 江南南 at 20:43| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

26期報告会(同窓会)

3年前卒団した26期生の同窓会が開かれ、卒団生、父母、コーチ陣が一堂に集結した。
3年前は東日本大震災の直後の卒団ということもあり、3月の卒団式は自粛。延期されて6月に行われるという異例の事態。
それでもみんな卒団から今日までの3年間を一生懸命に闘ってきた、その年月が顔つきに現れていた。

ひとりひとりが自分の進路、これからの目標を報告。
サッカーを続ける者、ラグビーを極める者、演劇を目指す者など、いろいろな進路。
照れくさそうに話す、その姿はかっこよかった。
遠く北は青森、宮城、西は広島と4月から親元を離れて寮生活をする者もいて、親御さんたちもさぞかし心配だろう。

また、小学生時代のチームメイトが中学では別チームで闘ってきたが、高校ではまたチームメイトになる。
そんなメンバーもいて、次の3年間もとても楽しみに感じられた。

みんなしっかりと自分の進む道を見つめて歩き出そうとしている。そんなみんなの成長が見られてとてもうれしかった。

最後にはみんなで写真撮影、3年後の再開を誓って別れた。
ほんの少しの時間だったが、それでもまたみんなのエネルギーをもらえて、自分もこれからもっと頑張れそうな気がした。

こんな機会を設けていただいた26期の父ちゃん、母ちゃん達、本当にありがとうございました。

3年後の再開を祈って、”Have a Nice day!!”

写真 (2).JPG


写真 (1).JPG
posted by 江南南 at 18:23| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

がんばるOB@26期萩原大智選手 浦和レッズJrユース高円宮杯全日本U-15 サッカー選手権優勝

がんばるOB!
12月28日 26期 萩原大智選手の活躍が飛び込んできた。
浦和レッズJrユースが高円宮杯全日本ユースU15サッカー選手権で優勝した。
daitireds.jpg

決勝戦でも活躍し、1ゴール!
大会の得点王にも輝いた!

おめでとう萩原選手!これからもがんばれ!

以下ゲキサカより転記

[12.28 高円宮杯第25回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 浦和ジュニアユース 2-1大宮ジュニアユース J-GREEN堺]

 中学年代の日本一を決める高円宮杯第25回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の決勝が28日、大阪・J-GREEN堺で行われ、浦和レッズジュニアユース(関東1)と大宮アルディージャジュニアユース(関東4)の埼玉勢同士が対戦。2-1で浦和が勝利し、日本一に輝いた。

「15歳までに身につけないといけないサッカーの原理原則をしっかりトレーニングしてきた。今日はそれが出せて良かった」と大橋浩司監督が評したように、浦和は立ち上がりから指揮官が重視する、“ボールを奪いに行く”、“ゴールを奪いに行く”強い意欲を発揮。特に守備面では、「相手は技術面で凄く上手なので、相手より走って高い位置からプレスをかけにいこうと思っていた」とFW萩原大智が語ったように、MF山田陸を中心にボールを回す大宮のポゼッションサッカーに対し、ブロックを組みながら、前線から果敢に奪いに行くことで相手にリズムを作らせずに主導権を握っていく。

 浦和は攻撃ではMF川上エドオジョン智慧、渡辺陽の両サイドを起点に仕掛け、空いた中央のスペースをMF轡田登らが突いてチャンスを作ると、前半13分に右サイドを上がったDF河内渉真がクロスを入れる。そしてゴール前での混戦から連続シュートを狙い、相手DFの弾いたこぼれ球を渡辺がシュート。これは大宮GK加治屋歩夢にブロックされたが、「こぼれて来るのを狙っていたので、詰めるだけでした」という萩原がしっかり押し込み、浦和が先制に成功した。

 浦和は続く19分にも大宮のパスミスを自陣で奪うと、素早く右サイドへ展開。川上のタメから、河内が上げたクロスをフリーの轡田が頭で合わせたが、枠を捉えることが出来ず。その後も好機を作るものの、追加点が奪えない苦しい時間帯が続き、「引こうと思ったわけではないけど、相手の勢いに飲まれてしまった」(大橋監督)と少しずつ相手にボールを持たれる時間が増えた。だが、ベンチの選手を含めた積極的な声出しで、チームを引き締め、すぐに立て直しに成功する。

「押されたまま前半を終えるのではなく、カウンターで攻撃の時間を取り戻せたのが良かった」(大橋監督)と上り調子で前半を終えた浦和は、後半11分には相手DFのクリアボールをMF浅賀祐太がヘディングで前線に返し、これに渡辺が反応。フリーで中央に切れ込んだ渡辺の豪快に振り抜いた一発がネットを揺らし、反撃に出たい大宮を突き放した。大宮は山田のスルーパスからFW小柏剛が抜け出すなどチャンスをつくり、17分にはFW山本剛嗣が1点を返す。だが浦和はDF橋岡大樹らを中心とした守備陣が相手の反撃に対して冷静に対応し、逃げ切りに成功。05年以来、8年ぶり2度目の日本一を掴んだ。

 試合後、「今までレッズに入って3年間、目標にしていた日本一が獲れて嬉しい」(河内)という念願のタイトルを手にした喜びを爆発させる選手たちを遠目から眺めていた大橋監督は、記者陣に輪に加わる事を促されたが、「あんまり関わりたくない(笑)。僕の出番は終わりました」と苦笑い。出てくる言葉も、「インターナショナルな世界に出ていくための通過点」、「日本一になったからといって、チャレンジを止めてはいけない。ここからが本当の勝負」と淡々としたモノが目立ったが、日本一を置き土産に次のステージに進む選手たちに目を細めながら「彼たちはトレーニングを一年間、信頼してやってくれた。ここからどれだけ羽ばたいてくれるか楽しみ」と期待していた。

(取材・文 森田将義)
posted by 江南南 at 12:31| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

がんばるOB@Uー15日本代表候補 萩原大智

昨日から沖縄でキャンプが行われているU15日本代表候補。

26期から萩原大智君(浦和レッズJrユース)が選出されている。

日本サッカー協会のページはこちら

がんばって候補ではなく、代表になってもらいたい。

初蹴りの時、近況報告等聞きたいものだ。

がんばれ!萩原選手!
posted by 江南南 at 17:18| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

26期卒団記念スペシャルマッチ

6/19(日)震災の影響で出来なかった26期の卒団式が行われた。
やると決まってからの準備期間はわずか4日!
それでも、1人が体調不良で早退した他は26期全員が集まった。
さすがだ。
江南南は常に「スクランブル状態」だ、この経験は生きていた。

お父さん、お母さん達も凄かった。
いつも卒団式の様に、普通に餅つきもやった。
この、餅つきのもち米は去年、26期が6年生の時刈り取ったのを
大切に保存していたそうだ。
赤飯も炊いた。

そして、各学年の親子サッカー対決が始まりメインの試合を迎えた。
「江南南26期スペシャルマッチ」
江南南26期VSレアル・オヤジ
マッチコミッショナー ヨウスケ・マツモト
実 況 バン・バン高橋
解 説 セルジオ小山
ピッチサイドレポート パク・栗田

で全世界に向けて実況生中継された。
海外出張から帰った26期コーチ、ライム吉原もレアル・オヤジに加わり
豪華メンバーでも対決となった。
試合は、セルジオ小山が「ワールドクラス」を連発!する好ゲームとなった。
ラーメン山沢はトンコツが好きと言いながら、粘りのないあっさり味の塩ラーメンの様な
プレイで会場を沸かした。
アレッサンドロ・ババはこの日3試合目にも係わらず、歯をくいしばり走った。
ゴシゴシ・笠原も果敢に右サイドを駆け上がった。
この26期の保護者代表として、がんばったスギムラ・ガリクソンも後方から献身的な
プレーでチームを支えていた。
ドッケン・ナカジマは現場から駆けつけ、長靴のままプレーした。
試合終盤になると、ワールドクラスらしくレアル・オヤジはトップと最終ラインの距離が80m
位になり、あえて26期にスペースを与えていた。

そして、少し試合が荒れてきた時・・・
モンゴル帰りの「センターサークル審判法」の世界的な権威アンパン・フクシマがさすがの
試合コントロールを魅せていたが、ペナの中でヘディングに行ったシュミレー・樋渡の頭に
相手選手のスパイクが!・・・・
アンパン・フクシマは躊躇無くポケットに手をやりカードを出した。
そのカードは・・・・・
「VISAカード」だった・・・・
さすがだ。

このPKをファーマー・マツモトが落ち着いて決めた。
蹴る前にGKに何か言っていたが・・・

試合は26期が3対2で勝利した様に思えたが、その後お母さんとのPK対決となった。
少し、成長した選手達はちょっと照れくさそうにPKをしていた。
最後は、26期全員から1人一言。
中学生になって2ヶ月が過ぎようとしている選手の挨拶は、しっかりとしていて
どの選手も、親に対しての感謝の言葉を伝えていた。
今、ケガでサッカーが出来ないセルジオ氏のご子息は、スペイン人かロシア人と結婚するという
大きな目標を語った。
一番最後に挨拶をした選手は、感極まり涙し「親」「後輩」「監督・コーチ」に感謝の言葉を告げた。

こうして、3ヶ月遅れの26期卒団式が終わった。

26期の選手、保護者の皆様 
御卒団おめでとうございます。
当日は、色々とお世話になりました。
ありがとうございました。

                                                     【高橋弟】




posted by 江南南 at 05:55| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

ファイナルカップ‐ファイナル

1月10日 23時 長旅を終え、江南に到着。

3日間で素晴らしい体験、思い出ができました。


この機会を作っていただいたオオタFCの皆さん、ファナのW林さん、本当にありがとうございました。
posted by 江南南 at 23:56| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナルカップ‐3

帰りのバス、寝る間も惜しんで、遊ぶ。

image/2011-01-10T22:34:49-1.jpg

この3日間でより一層交流が深まった。

みんな中学生になっても仲良く、共に切磋琢磨できる仲でいよう。
posted by 江南南 at 22:58| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナルカップ‐2

今回の遠征はファナと一緒。楽しい旅になる。
初日の夕飯は宿舎で弁当。みんなで並んで食べる。しっかり食べて翌日に備える。

image/2011-01-09T12:29:13-1.jpg
posted by 江南南 at 14:46| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナルカップ‐1

岡山県オオタFCさんのご招待で第1回オールジャパンファイナルカップに参加させていただきました。

大阪堺トレーニングセンターでの3日間。

こんなにきれいなグラウンドでの試合。フルコート、大人用ゴール。中学生への準備として、最高の環境。
image/2011-01-10T14:33:21-1.jpg
posted by 江南南 at 14:35| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

バーモントカップ 番外編

高校サッカーを見ていたら、メールが届いたメール


バーモントカップで懸命に応援した父兄からのものだった。


「 悔しいです・・・・ が、良い写真撮れましたカメラ 」


記念写真.jpg


( 福井県代表 : 丸岡RUCKガールズとカメラ )



女の子だけで県の代表に!

【 熱い!熱い! 】 チームという印象を持ちました。

日本サッカー協会の中でも紹介されています。
( 日本サッカー協会HPより → http://www.jfa.or.jp/match/topics/2011/8.html )



た、たくましい・・・・

うちでも女性が強い・・・・




この冬休み、子供たちは色々な大会で、色々なチーム、選手と出会い少しずつ成長しています。

6年生は、この冬最後の遠征を 『 全力 』 で楽しんで来て下さい。

バーモントカップ・・・お疲れ様でした。




投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ

posted by 江南南 at 22:36| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーモントカップ 決勝ラウンド

バーモントカップ 決勝ラウンド
ラウンド16
江南南 4-4 鹿島アントラーズ
  PK (9-10)
惜敗
全国ベスト16
  
posted by 江南南 at 17:18| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーモントカップ グループリーグ3節&決勝トーナメント

バーモントカップ グループリーグ 3節
江南南5-1福山ローザス・セレソン
勝利!

グループ1位で決勝トーナメントへ
15:10 VS鹿島アントラーズジュニア

posted by 江南南 at 14:59| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

バーモントカップ グループリーグ 2節

第20回全日本少年フットサル大会 バーモントカップ
グループC 第2節
江南南5-0FCアルマ大垣U-12
勝利!

第3節 1/5(水)
駒沢体育館A 11:15〜
VS 福山ローザス・セレソン

バーモントTVはこちらをクリック
posted by 江南南 at 18:20| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーモントカップ グループリーグ 1節

第20回全日本少年フットサル大会 バーモントカップ
グループC 第1節
江南南7-2山形FCジュニア
勝利!

第2節 17:15〜 
VS FCアルマ大垣U-12

インターネットライブ画像はこちらをクリック



  
posted by 江南南 at 14:56| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

県少年団大会@埼玉新聞

26期少年団埼玉新聞.jpg

江南南 史上初 4連覇

県少年団中央大会
第39回県サッカー少年団中央大会(県スポーツ少年団、県サッカー協会、
県教育委員会主催、埼玉新聞社など後援、埼玉懸信用金協賛)は
21日、埼玉スタジアム第2、3グラウンドで準決勝、決勝が行われ、
決勝で江南南(熊谷)が越谷FCJrを1−Oで下した。
史上初の大会4連覇を果たし、優勝回数も最多の10に伸ばした。
3位は浦和三室(さいたま)と寄居FC2001
 上位4チームには主催者、協賛社から賞状、メダルなどが贈られた。
 
江南南が後半終了間際に得点し、堅守の越谷FCJrを退けた。
江南南はボールを左右に散らしゲームを支配するも、今大会1失点と堅守を
誇る越谷から決定的な場面がつくれない。
試合が進むにつれ、ダイレクトパスを使い、さらに相手を揺さぶった。
後半19分、MF中島のパスがDFの裏をつく。
反応したFW萩原がドリプルで持ち込み、GKとの1対1から左隅に決勝ゴール
を蹴りこんだ。
越谷は後半20分に全員をあけてのCKを迎えるも、得点にはいたらなかった。

努力結実、歴史築く 

 江南南が史上初の大会4連覇。最多を数える優勝回数も大台の10に乗せた。
チームを見守ること26年の松本ヨウ佑(ヨウは巾に昜)総監督は
「10回はすごいね。子どもたちが努力してきた結果」と目を細めた。
 最後の関門となった越谷FCJrとの決勝。
後半19分、試合を支配し続けた江歯南がついに均衡を破る。
中島剣士郎のパスを右サイドで受けた萩原大智がゴール前に持ち込み
GKと1対1。「空いているのが見えた。」左サイドネットヘ冷静に突き剌
した。
 準決勝に続いてきん差の勝利。主将の佐藤拓哉は「4連覇が懸かり緊張していた。
勝ち切れたのは心の強さがあったから」と口にした。
 現26期生を小学1年から6年間指導に当たった吉原邦陽学年監督は
「重圧の中で一生懸命やっていた」と教え子の成長に顔をほころぱす。
「入団当初は昆虫を採ったり、木登りをしていたのですが」と懐かしむ。
 まずは練習の中で遊びを取り入れながら、ボールに親しんだ選手たち。
低学年の頃から先輩たちの活躍を試合で見て「将来自分たちも」という思いが
芽生えた。
Jリーグ浦和でプレーする19期生の原口元気さんらあこがれのOBもいる。
 選手たちはユニホームの左胸にある「南」の文字を握りピッチに入場した。
誇りは脈々と受け継がれる。「自分たちの代で歴史をつくることができてうれし
い」と主将の佐藤。
 江南南には選手、揃導者、父母が三位一体となった家族とも呼べる「絆」がある。
閉会式後、父母たちが指導者や選手を迎えた。松本総監督がその輪に向け応援のお礼を
述べるべる。選手の鍛錬とチームの絆、伝統が結集し、江南南が金字塔を打ち立てた。
(丹羽良平)

posted by 江南南 at 21:21| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

県サッカー少年団大会@埼玉新聞

埼玉新聞 11月5日
江南南初戦はサイタマJr 
新座片山は川越Yと対戦
26期少年団大会抽選.jpg

 第39回県サッカー少年団中央大会(県スポーツ少年団、県サッカー協会、
県教育委員会主催、埼玉新聞社など後援)の代表者会議ならびに抽選会が
10月29日、与野本町コミュニティーセンタ−ドで行われた。

 抽選会には東西南北の各ブロック予選を勝ち抜いた32チームの代表者や
監督が参加。各プロ″クごとに抽選を行い、組み合わせが決まった=別表。

 史上初の4連覇に挑む江南南(熊谷)は1回戦でサイタマJrFC(富士見)
との顔合わせ。江南南の吉原邦陽学年監督は「選手たちが(4連覇の)重圧を
楽しむことができれば。全員で勝ち抜いていきたい」。
一方、サイタマの池上良彦代表は「江南南の胸を借りることができて光栄。
目の前の1勝を目指したい」と話した。

 ほかにも、6月の全日本大会県予選準優勝の新座片山FCや同3位の
浦和三室 (さいたま)などの強豪が控え、混戦は必至。

 12年ぶりの頂点を狙う上福岡少年少女(ふじみ野)は、過去2度準優勝の
戸塚FCJr(川口)と、前回3位の川越福原は大袋FC(越谷)と対戦する。
 大会は、7日に熊谷スポーツ文化公園でー回戦、13日に埼玉スタジアム第2、
第3グラウンドで2回戦と準々決勝、21日に同会場で準決勝と決勝が行われる。
posted by 江南南 at 20:46| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

2010年08月17日

あついぞ

image/2010-08-17T22:36:25-1.JPG8月14、15日の2日間 熊谷市長杯に参加してきました。


スポーツ熱中都市の名に違わず、暑い、熱い大会でした。



熱い闘いに選手たちも力いっぱい闘いました。


初めての書き込みに2時間もかかった高畑でした。
posted by 江南南 at 22:38| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

富士山を超えた男達Ver2

さて、綺麗な画像が6年保護者から送られて来た。
富士山を超えた男達Ver2
DVC00044.jpg

DVC00042.jpg

DVC00047.jpg

DVC00043.jpg

DVC00039.jpg

DVC00040.jpg

DVC00041.jpg

梅雨明け、夏空、快晴、早朝の澄んだ空気、こんな絶好のスチュエーションは滅多に無いだろう。
これも、大会を運営してくれている厚木GPの関係者の方達の普段の心がけのお陰。
本当に、お世話になりました。
ありがとうございました。

posted by 江南南 at 06:35| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

26期北部地区代表決定戦

5/16(日) 第34回全日本少年サッカー大会埼玉県予選北部地区代表決定リーグ
が行われた。

会場には沢山の江南南サポーターの姿が
OBやその親達まで応援に駆けつけてきてくれた。

どうみても怪しい人達に見えてしまう人もいたが・・・
26期北部予選 001.jpg

26期北部予選 003.jpg

快晴の中試合開始のホイッスルを待つ。
26期北部予選 002.jpg

サポーターも怖い人達も・・・
26期北部予選 008.jpg

26期北部予選 010.jpg

来年は自分達の番、5年生も駆けつけた。
26期北部予選 013.jpg

26期北部予選 014.jpg

みんなの応援のお陰で県大会に行ける事になった。
県大会でも応援よろしくお願いします。

広報担当:高橋
posted by 江南南 at 21:14| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

行って来ました!葛飾へ 最終回

6年生がよく頑張った。


準決勝 PK を落ち着いて、思いっきり蹴っていた・・・

失敗した経験のある選手も、しっかりと落ち着いて決めた。

自分の順番をドキドキしながら待っていたと思う・・・


良い経験になり、少し逞しくなった。



決勝戦も、勢いのそままにと言う感じだった。

思い出のトロフィーと盾を持って帰る事ができた・・・

閉会式1.jpg



葛飾区サッカー連盟の皆様、関係者の皆様、2日間お世話になりました。

ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


閉会式2.jpg





投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ


posted by 江南南 at 12:46| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

行って来ました!葛飾へC

そして、『 浅草寺 』。

浅草寺.jpg

ここでも、しっかりと祈願して、手を合わせる。

浅草寺2.jpg

「 点が入りますように・・・・ 」




少し歩くと、ここにも巨大建造物が・・・

五重塔.jpg

「さっきの(スカイツリー)より高けんじゃねぇ?」


フ : 「 ・・・ 」






この後、朝飯をガッツリ食べて、試合会場へ向かったのであった。

試合は昼から・・・

フレンドリーマッチを ○試合こなしてから、「 SAKURAトーナメント 」へ!!





つづく




投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ
posted by 江南南 at 12:39| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

行って来ました!葛飾へB

昨日はQ試合しか出来なかった為、朝の散歩も気合が入る・・・

宿泊地は浅草。


2010032806100000.jpg

「 何これ?・・・ 」
「 でっかい赤提灯じゃねぇ? 」

フ : 「 ・・・ 」

とりあずカメラ

2010032806090001.jpg


そして、

2010032806110000.jpg

仲見世通りを歩き・・・・


途中、「 スカイツリー(建設中) 」 を発見。

2010032806130000.jpg

日中だったらごった返しているこの散歩コース・・・・

早起きは何とやらである。






朝の散歩・・・まだまだつづく





投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ


posted by 江南南 at 12:00| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

行って来ました!葛飾へA

予選リーグ・・・2試合とも激しい試合となった。

懸命に走った・・・
必死に守った・・・
シュートも打った・・・

あと1歩、足りなかった。



「 そうだ!帝釈天行こう! 」



と、言う事で 「 帝釈天 」 へお参りに行って来ました。

帝釈天4.jpg



帝釈天1.jpg

「 明日こそは・・・・・ 」

と真剣に手を合わせる。



そして・・・・

清めるものは清め。

祓うものは祓う。

帝釈天2.jpg

帝釈天3.jpg





しばらくすると、誰よりも素早く、誰よりも高く動く2人組を発見。

と言っても、「小さい方の人」の動きが鋭い!

もう一人の人はどうやら話す事が得意らしい。

選手たちも「小さい方の人」の動きに注目していた。

帝釈天5.jpg

「小さい方の人」は大勢の人の前でパフォーマンスする為恥ずかしいのか・・・?

顔が赤い。

寒いのか???

毛皮のコスチューム。







・・・・・きっと明日は大丈夫・・・と信じて疑わなかった。




つづく




投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ

posted by 江南南 at 23:39| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行って来ました!葛飾へ@

『 私、生まれも育ちも葛飾柴又です。
  帝釈天でうぶ湯をつかい

  姓は車、名は寅次郎、
人呼んでフーテンの寅と発します。 』

で、有名な 葛飾区柴又、柴又球技場へ・・・勿論、 『 第16回 とらさんカップ 』 ですサッカー

とらかっぷ本部.jpg

( 柴又球技場での大会本部・・・・ )

このトロフィーと盾は、卒団式でも人気ランキング上位グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


グランドではすでに、予選リーグはスタートしていた。

柴又球技場.jpg



この日は、あったかサッカー日和晴れサッカー

春の陽気に誘われて、「 お弁当日和 」 でもあったレストラン

お弁当.jpg


気力と根気の ばらきSC戦 の後・・・・飯を食べて次の試合に備える。

1つでも上を目指して・・・・・




つづく




投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ

posted by 江南南 at 23:10| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

ホームに迎えて。

2月7・8日は私たちのホームである江南南小学校グラウンドに各地からたくさんの仲間たちが集まりましたサッカー
まずは7日、この日集まったのは江南南を含めて5チーム!
東京都からは町田JFC、千葉県からJSC千葉、さらに愛知県から愛知FC、さらにさらに奈良県から高田FCのみんなが来てくれました!
それにしても、4年生ではるばる奈良県からホームステイとは・・・
まだ小学4年生なのに、きっと学校の友達にはなかなかそういう経験をした事のある友達はいない、そう思うと彼らはとてもたくましく見えてきますね目
8日はこの5チームに、神奈川県から川崎フロンターレJr.を迎えて6チーム!
この日は南小に8人制用の小さめのコートを2面作って効率よくたくさんの試合を組むことができました。
2日間にわたって朝から準備などしてくれたお父さん、お母さん達ありがとうございました揺れるハート
2日間で合計14試合!ものすごい数の試合をしましたがく〜(落胆した顔)
いくら子供でもさすがに疲れたかな?でも、こうして全国の仲間たちとたくさんいい試合ができて、どのチームの子も怒られたり、褒められたりしながら少しづつ上手になっていくんだろうなぁ。また今度会うときに、どっちがどれくらい上手になってるか、競争だね!
まだまだ全国の壁は高い・・・
またこれからみんなに負けないように特訓だ手(グー)exclamation

試合の合間に、カメラマンしばてぃーが各チームに携帯カメラでパシャリカメラ

200902071336000.jpg鉄棒でコーチと一緒に遊んでいた高田FC。
2人で力比べ!チームで懸垂ができるのはこの2人だけだそうです。すごい!

200902071340001.jpgJSC千葉。試合直前、コーチの前に集まっていたところにカメラを構えて行くと・・・
「カメラを意識せずに練習しろー!」ってコーチが声をかけてみんな一斉にボールを触り始めました 笑
でも、なんだかすこしカメラ気になってない?

200902071402000.jpg愛知FC。試合が終わって遊んでいたところにお邪魔しました。
みんな元気に写ってます!
ほかのチームに比べて一番早くみんながカメラの前に集まったかも・・・

200902081541000.jpg町田JFC。
全部の試合が終わった後だからか少し疲れてるかな?
でも、写真撮るよーって声かけたらみんなちゃんと集まってくれました!

200902081627000.jpg川崎フロンターレJr.。
なかなかみんながカメラに収まりきらなくて大変だった・・・
後ろでジャンプしてるのはカメラが大好きでしょうがない子供たちです・・・

200902081541001.jpg最後に江南南。
どうしてもカメラにとってほしい子がいたから仕方な撮ったく・・・つもりが、いきなり一番前に現れたのは守護神笠原君!
とてもおいしいところを持っていっちゃいました 笑
この2日間、もう半分の子供たちは地元の大会に参加してきました。今回は私はそっちには少ししか見にいけなかったけれど、みんなもがんばってたね!お疲れ様!

みんな2日間お疲れ様!高田のみんなホームステイは楽しかったかな?
愛知のみんなはどこに泊まったんだろう?今度みんなのところにも行かなくちゃねひらめき
千葉と町田のみんなも、2日もここまで試合に来てくれてありがとう!
川崎のみんなは、ドリブルがすごく上手だったね。次に試合するときには簡単に抜かれないようにしないとだあせあせ(飛び散る汗)


200902071341000.jpg最後に、今回来た選手の中で一番カメラに敏感だったJSC千葉の坊主頭のスーパープレイヤー・・・


大学生コーチしばてぃー春休み中。


posted by 江南南 at 00:56| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする