2013年02月25日

今、試されているのは

 6年の親が頑張ったように

 5年の親も頑張っている
 
 
  
 自分の子がスタメンじゃなくても

 Bチームになっても、へこたれない

 いつも、笑顔で、どの子に対しても応援する

 なかなかできることでは無い

 自分の息子の事しか見ていない親が多いと聞くが

 江南南で頑張り抜いた選手と親は違う


 12月に 中3の親子が集まった

 2月に  高3の親子が集まった

 
 

 小学校から6年間

 いいことばかりではない

 挫折の一度や二度ぐらいはみんなぶち当たる

 苦しいこととちゃんと向き合う

 誰かのせいにしない

 自分と向き合う

 

 小学校の時

 支えてくれた親の背中から

 生き方を自然と学んで来ている子供達

 粘り強い

 
 
 
  
 
  
 お金では買えない

 親の頑張り

 十年後、二十年後に実を結ぶ


  
 28期の親の頑張りは

 28期の子供達が一番知っている


 

 今、試されているのは

 29期の選手ではなく

 29期の親たちかもしれない


 

 23期の大久保が、浦東で正キーパーで頑張った

 少年団の時はベンチスタートが多かったが

 良く頑張った

 母ちゃんも、父ちゃんも

 ライバルの正キーパーの関口に大声で応援していた全国大会

 あの親の頑張りが、今の大久保の活躍として実った



 今、悩んでいる選手、壁に立ち向かっている選手

 頑張れ、日々の努力が、キミの未来をつくる


     へたくそ29期の頑張る姿に心を打たれた  まつもと
posted by 江南南 at 21:45| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

鹿児島からの便り

勝った負けたを繰り返し、成長を続ける子供達。


親達、スタッフ達、・・・それが江南南。


もう次の目標に向かって、新たな課題に挑戦している。



先輩達から受け継いだ 「魂」 みたいなものを、まだまだ伝えきれていない・・・




そんな先輩、鹿児島にいる9期生から、監督の元にこんな写真が送られてきた。


1361021528982.jpg


宮脇孝二(9期生)と娘達、そして、原口元気(19期生)との出会い。


同じ師の下で、同じグランドで、同じ 魂 みたいなものを受け継いだ江南ファミリー・・・




これかも、まだまだ、伝えていかなきゃな。




投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ



posted by 江南南 at 13:00| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

残念無念

 新人戦、レジにこてんぱにやられた

 自分達のプレーができなかった

 残念無念であった

 一番に原因は














 自分が風邪に負けたこと

 コーチも選手も本気で練習してきた

 親も本気でサポートしてくれた

 なのに、完璧に負けた

 監督の力不足である

 若い指導者にバトンパスする時かもしれない



 それにしても

 レジの一人一人の高い技術に感服した

 埼玉のレベルがまた、数段上がった

 

 



 
 選手の力を伸ばせない指導者は

 グランドに立つ資格はない

 僕には、子供の力を伸ばせなくなっている

 時は流れている

 
      時代遅れの  まつもと
     

 
  
posted by 江南南 at 21:07| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OBの活躍@大久保顔面ブロック&原口2得点

29期の新人戦は残念ながら、ベスト4でレジスタに敗れてしまいました。
「負けから何を学ぶか」
28期は最後の4種選手権でボコボコにレジにやられました。
リベンジしたくても、もう大会はありません。
29期は、まだ、全日も4種も色んな大きい招待試合も控えてる。
全ての大会でリベンジ出来る様に、努力あるのみ!
がんばれ!

がんばっているOBが埼玉新聞のスポーツ欄で共演した。
浦和レッズ 原口 元気選手(19期)
浦和東高校 大久保 秀斗選手(23期) 
大久保&原口.jpg

まず、高校サッカー新人戦 埼玉県大会
浦和東・主将 GK大久保 秀斗(23期)
写真の下の解説には
「後半10分 西武台・宮野がシュートを放つも浦和東・GK大久保の顔面ブロックに阻まれる。」
あいつらしい。
記者さんナイスコメント。

優勝おめでとう。
愚直に花園から毎日夜明け前の始発電車で、通学。朝練をこなす。
帰りは終電。
レッズユースのリョウスケとポジションを争った。
幅では勝っていたが、高さで負けていた。
試合に出れなくても、いつも明るくチームを支えた。
震災で深谷に避難している子供達の所に、行って一緒にボール蹴ってバカをやってくれた。

小学生の終わりに、怪我をしてしまい卒団式は松葉杖で親子対決のPKを蹴った。
Jrユースでは怪我が長引き、辛い時期を過ごした。
入試を控え、塾に行っていたがその理由は、前の席の子がタイプだったからだった。
なので、たまに朝練が朝勉になる時もあるらしい。

記事の中で「野崎監督が「不思議なチームだ」・・・・と言ったと書いてあった。
そんな不思議なチームをまとめる大久保。大したものだ。
親父も高校時代 県新人戦を制している。

関東大会、インターハイ、選手権
親父を超えて欲しい。

他の23期、24期、25期の高校サッカー真っ只中組。
次は、みんなの番だ。

大久保に負けず頑張れ!

広報担当 高橋弟
posted by 江南南 at 18:09| (OB)23期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

がんばるOB@高校サッカー新人戦2013

高校サッカーでも、新人戦が繰り広げられている。
23期、24期のOB達も新チームのポジション取りの厳しい中、戦っているようだ。
2月9日(土)の各会場では、同期対決等も繰り広げられたようだ。

西武台Gでは
1試合目 西武台VS武南 
西武台には、23期リュウノスケ、24期チハルが在籍、武南には23期ユズキが在籍。
試合は2−1で西武台の勝利。武南の1点はユズキが獲ったようす。

2試合目 成徳深谷VS浦和東
成徳深谷には23期シュント、浦和東には23期シュウトが在籍。
ナント!二人とも「主将」を務めているとの事。
試合の様子はゲキサカに以下の様に掲載されていた。

[2.9 埼玉県新人大会1回戦 成徳深谷0-1浦和東 西武台G]
 平成24年度埼玉県高校サッカー新人大会は9日、決勝トーナメント1回戦を行い、昨秋の選手権予選準優勝の浦和東対成徳深谷戦は、MF大澤潤也(1年)の決勝ゴールによって浦和東が1-0で勝った。浦和東は10日の準々決勝で市立浦和と対戦する。

 選手権予選8強進出チームによる中央新人大会初戦から4試合連続無失点。堅守・浦和東が充実の1-0勝利で準々決勝へ駒を進めた。前半12分にPAのこぼれ球を大澤が押し込んで先制したが、この日は2点目が遠い。毎年隙のない守りのチームをつくり上げて公立校の浦和東を私学の強豪と渡り合わせている野崎正治監督が「ボールを持てる選手が多い」という今年。MF関根快人(2年)と大澤のダブルボランチはともにボールコントロールが正確で、彼らがショートパスと大きな展開から攻撃を組み立て、前線ではやや力任せのプレーになっていたものの、エースFW木所和樹(2年)が推進力十分の動きで攻撃を引っ張っていた。

 ただ、前線からのプレッシャーが速い相手のプレッシングもあってか、蹴り合いに応じてしまい、思うようにボールを動かすことができない。そしてDF前原健(2年)のロングスローやセットプレー、MF藤倉健伍(1年)の個人技などで攻める成徳深谷にゴールへ迫られてしまう展開となってしまった。後半31分には中盤のパス交換で完全に相手を崩し、フリーで中央を駆け上がった関根が出したラストパスからFW穴吹翔(2年)が決定的な一撃を放ったが枠外。突き放せずに迎えた試合終盤は右CKから成徳深谷FW浅沼拓実(2年)にヘディングシュートを放たれ、カウンターからMF山崎直人(2年)に左足シュートへ持ち込まれるなど危ない場面があった。

 それでも浦和東守備陣は非常に冷静だった。終盤のパワープレーに対し、10番を背負う12年U-16日本代表候補CBンドカ・ボニフェイス(2年)GK大久保秀斗主将らが冷静な守りで対応。指揮官が「ウチはディフェンスができない選手は使わない。選手も分かっていると思います」と話す通り、押し込まれる中でも、「跳ね返す」「身体を寄せる」などそれぞれが役割を果たして1-0勝利へ持ち込んだ。

 ンドカは「『浦東はゼロに抑えるのが一番いい試合だ』と監督には言われている。CBやディフェンスラインらみんなが身体張って守ることができたのでゼロで抑えられたと思います」と納得の表情。また大久保は「まだ始まったばかりでなんとも言えないですけど、絶対にもっと良くなって行くと思う。(守備に関しては)中央リーグから無失点できている。守備に関しては連係が取れていると思います。準備を色々してきているので自信はありますし、(きょうも)1-0という結果で勝てた。あれだけ苦しい中でゼロに抑えられたことは今後の試合に活かせていけると思う」と手応えを口にした。

 日本代表GK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)らを輩出している浦和東は、公立校ながら8人のコーチングスタッフという充実した指導体制。大久保は「野崎先生たちの指導に憧れてきた選手は多いと思う」と語ったが、結果で恩返しするつもりだ。昨年は全国をかけた一戦でいずれも惜敗。今年こその思いは強い。まずはあと3勝に迫った新人戦タイトル獲得へ全力を注ぐ。

(取材・文 吉田太郎)

3試合目
熊谷VS川口北
熊谷には23期タクヤとユウイチが在籍。文武両道を貫き県大会出場を決めた。
試合は惜しくも0−1で敗れてしまったようだ。

埼工大グランドでは
正智深谷の23期ケイゴもがんばっていたようだ。

本庄第一の23期ケイスケ、コウタロウ、リク、24期のサガワ今回は、悔しい思いをしたようだが、次は
巻き返しを期待する。

準決勝カードは
西武台VS越谷西
正智深谷VS浦和東はケイゴとシュウトの同期対決となった。

お互い 全力を尽くしてほしい。

posted by 江南南 at 10:12| (OB)23期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻沼Jrさよなら大会

2月10日 (日) 風もなく穏やかな陽気。
妻沼Jrさんの招待大会 28期全員で「妻沼Jr さよなら大会」に参加した。

振り返れば、鼻水、おもらし、ケンカ、大泣き連続のお子ちゃま達。
、関根コーチは肩車をしながら練習をして時もあった。

それが、6年生 もうすぐ中学生。
こうやってみんなと、試合、弁当を食べれるのもあと何回かだろう。
IMG_20130210_111000.jpg


IMG_20130210_111011.jpg



IMG_20130210_111030.jpg

IMG_20130210_111046.jpg
随分と成長は・・・・・・していなかったようだ。

お昼休みには、リフティング大会&PK大会が行われた。
IMG_20130210_123523.jpg

IMG_20130210_123530.jpg

IMG_20130210_123611.jpg

IMG_20130210_123918.jpg

IMG_20130210_124526.jpg

違うチームの子とペアになり、1分間で何回できたか お互い数える。
2回のチャンス。
ナント!カズキが優勝。
(これは、始める前にペアの子にポケットから何か出して、何かお願いをしていた。
カズキの作戦勝ちのようで実力は?)

今が生意気盛り。
最近は、高橋弟の話など聞く耳持たず、オチョクラれる毎日。
この先の事を考え、今は泳がしておこう。

招待して頂いた妻沼Jrの皆さん ありがとうございました。

高橋弟

posted by 江南南 at 09:12| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

いよいよ新人戦

 10日から新人戦が始まる

 31人の5年生と4年生1人の力で勝ち取った県大会

 寒い日も頑張った

 もちろん、暑い日も頑張った

 食べられないご飯と闘ったみんなだった

 遠征、夜遅くまで遊んでいたみんなだった

 練習試合で沢山負けた

 招待試合で沢山負けた

 

 その度に、コーチは僕に怒られた

 何をやってきたのかと


 それでも、コーチはぐちも言わず

 忙しい仕事の中でも練習に来た

 

 そんなコーチと掴んだ県大会

 全員で勝ち取った県大会

 全員がピッチに立てる訳ではない


 仲間の分まで頑張る選手に成れるように練習してきた

 ピッチに立てなくても、同じ気持ちで戦える選手に成れるよう練習してきた

 

 どこのチームの選手もみんな同じように精進してきたに違いない

 

 江南南だけが特別じゃない、みんな、初めての新人戦

 超緊張の時間が味わえる


 最高の仲間と最高でもないコーチと

 県大会を楽しもう


       風邪に負けてる  まつもと

posted by 江南南 at 20:45| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

海ほたる

過日26日(土)千葉北招待を終えアクアラインにて帰路の途中。

せっかくなので、 ”海ほたる” に寄ってみました。

トンネルを掘るのに使用された掘削機の歯が展示されている。

っと、感動したのは自分だけのようだった。

そこで今度は、遠くかなたに小っちゃく”スカイツリー”が見えたのでちょっと「記念撮影」

ん〜〜〜『一時の”安らぎ” 』 

っと思ったのはコーチとお父さんだけだったのか・・・・


子供たちに笑顔があまり見れないのは・・・?

もしや、最後の試合がよくなかった感じが沸々して来ているのか?

それとも、お腹が空いたので何か食べたいだけなのか?

エスカレーターの降口付近でお饅頭の試食を配るお姉さんを発見すると皆で群がっていた。

な〜んだ、やっぱり・・・・・


では、その ”ワンショット”

IMG_0158.JPG


明日からまたガンバロウ!!!

試合では、新入団の”りく” がキレイなボレーシュートで初得点。 Good!!!


あっ、何か白い物が空から落ちてきた!!! (これは、ユキってやつか)

どうやらユキは南関東の海岸側だけだったらしい。



投稿:新井コーチ
posted by 江南南 at 19:39| (OB) 31期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする