2011年07月28日

夏の経験値

あるサッカー曜日。


OB(22期生)の出場する試合を見に行ったサッカー


午前中から群馬で練習試合の予定だったが、同じ群馬での試合と言う事もあり、ファナの若林さんに無理を言ってしまった。
若林さん、ありがとうございました。


さてOBの試合は、 「 adidas CUP 2011 日本クラブユースサッカー選手権 U−18 」

「 レッズユース VS アルディージャユース 」


新井純平くん、繁田秀斗くん(22期生)が先発で出場。


後輩達も食い入るよ様に見つめる。


2011072310280000.jpg


お弁当を持ちながらの応援・・・・


この試合、前半に先制され、後半、怒涛の攻撃の中でPKを得る。

2011072312040000.jpg


冷静に流し込み同点、そのまま終了。


アルディージャの方では、後半途中から、小泉くん(クマガヤSCOB)が出場した。


宮(23期生)も奮起しているはずだ。





そして、昨日、決勝トーナメント 準々決勝 が行われ、東京ヴェルディに完敗。





「完敗」、「惜敗」・・・どっちの負けも、次につなげるのは 【 自分自身 】


踏まれても踏まれても這い上がって来る魂・・・・・


つらければ、やめればいいし。


ダメだ、と思えば、逃げだせば楽にはなる。


負けて、踏まれて、それでも、 強くなりたい、 上手くなりたい、 負けたくない と・・・・


目標を持って、日々精進してもらいたい。





【 直向きに、謙虚に、粘り強く。 】





また、戦う姿を見に行きたいと思う。


いつでも応援している。


Go for 国立・・・・・躍動した14番の後を追え!!




P.S
米、チッシー、りく、けいや、こぐ、しゅうま、せいだい、おおた、かさ、こた、本田、しゅう、保坂・・・・ゆうたろう、


みんな負けんじゃね〜ぞ!!






投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ
posted by 江南南 at 12:00| (OB)22期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

雷鳥組【雨宿り】

image/2011-07-27T14:45:23-1.jpg突然の雨
フレンドリーの試合までの間、テントの下で富山の友と大騒ぎ!


posted by 江南南 at 14:50| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷鳥組【閉会式】

image/2011-07-27T13:53:22-1.jpg決勝はばらき対ディアブロッサ高田
スコアレスのまま延長でも決着付かず、PKも11-12という死闘の末ディアブロッサ高田が優勝しました。

フレンドリーをしてから帰ります。
posted by 江南南 at 13:57| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷鳥組【最終日】

image/2011-07-27T07:35:19-1.jpgおはようございます。
子供達はすっかり仲良くなり、朝から元気です。
最終日も一杯サッカーがんばります。

天気は曇り、小雨まじりです。
posted by 江南南 at 07:40| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

雷鳥組【食】

image/2011-07-26T13:07:15-1.jpg食が細い
お弁当を完食出来ない
完食をした選手10人でキックオフ。
posted by 江南南 at 13:11| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷鳥組【決勝トーナメント】

image/2011-07-26T12:11:50-1.jpg決勝トーナメント一回戦は善戦しましたが、相手の方が全然上。
悔し涙の塩味が効いた弁当を食べてます。
posted by 江南南 at 12:14| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷鳥組【合流】

image/2011-07-26T07:45:32-1.jpg子供達と合流。
みんな元気です。
お父さん達の到着前に既に立中とフレンドリーを行った様子。

立中の皆様本当にありがとうございます。

ホームステイの楽しかった話しでお互い盛り上がってます。

しかし、あいつとあいつとあいつはお約束通り・・・・(>_<)

土手ランスタートです。
posted by 江南南 at 07:52| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷鳥組【二日目】

ホームステイでは、立中の友達の所にお世話になってます。
立中の関係者の皆様本当にありがとうございます。m(_ _)m

2人一組のペアは直前まで、未定
かわいい我が子は、誰とペアを組んだのか?

現地のお父さん達に回線がパンクするほど、メールが殺到した様子。

しかし、鉄壁なディフェンスですべて内緒

これから、現地合流します。

天気は晴れ、ごご雷の予報です。
posted by 江南南 at 07:05| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

雷鳥組【富山の友】

image/2011-07-25T18:32:10-1.jpg大会初日も無事終了。
決勝トーナメント進出
がんばりました。

子供達はホームステイ先の富山の友とご対面。
サッカー仲間の絆深めます。
posted by 江南南 at 18:36| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷鳥組【出稽古】

image/2011-07-25T13:54:40-1.jpg只今、雷の為中断中
中断前にばらきのIコーチに精神力強化の為、稽古をつけてもらいました。
posted by 江南南 at 13:58| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5年雷鳥組B

image/2011-07-25T08:55:04-1.jpg無事到着!
テンション上げていきますグッド(上向き矢印)
沢山の仲間と思いっ切り競います。
posted by 江南南 at 09:00| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5年雷鳥組A

image/2011-07-25T07:18:45-1.jpg只今、蓮台寺SAで朝食休憩中、みんな元気です。
試合会場まで後少し。
しっかり食べて向かいます。

安全運転のお父さん達ありがとうございます。
posted by 江南南 at 07:23| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5年雷鳥組

image/2011-07-25T05:33:48-1.jpg只今、東部湯の丸PAで休憩中
順調です。
posted by 江南南 at 05:36| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

2年生パーシモンカップ

今年は梅雨も早々と明けて毎日強い日差しが降注ぎ、連日35℃以上の暑い夏を向かえ
6年生をはじめ5,4,3年生は沢山試合を楽しみ、1年生ははじめての夏を向かえ元気よく練習に励んでいます。
2年生も他の学年に遅れないよう必死に頑張っています。そんな中、久しぶりの招待試合に参加して来ました。
まだまだ甘えん坊な2年生ですが、サッカーをやる時の眼差しは真剣です。

でも、やはり横浜や川崎の方にはもっともっと真剣にサッカーへ取組んでいるチームが沢山ありました。
P1050847.JPG
P1060025.JPG

試合の結果は振るわなかったですが、色々ためになる課題の見えた大会でした。
「今度この大会で戦った仲間と戦う時は、絶対負けたくない!」 と心に誓い、練習に励もう。
P1060053.JPG

パーシモンFCの関係者様、選手の皆さん
10周年を向かえた大会に参加させて頂きありがとうございました。

投稿:新井コーチ、撮影:新井そうま父


posted by 江南南 at 21:57| (OB) 31期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある日のGPフェスティバル

ある日のGPフェスティバル。


天気は快晴。

2011071714020000.jpg


気温は30℃・・・・・


暑い・・・?  熊谷っ子は暑くない!!


ガンガン体が動く。


たくさんのチームと、たくさん試合。


子供達は良い経験を重ねて行く。





予選から参加100チームを超えるこの大会。


小俣先生を中心に、フタッフ、及び父兄の皆様、協力チームの皆様の団結力と運営力に毎年、頭が下がります。





2011071806240000.jpg

(宿舎からの富士山)





2日間、良い天気・・・・初めて?(自分が)


小俣先生から、


「 霧の出た大会、覚えてる? 」


と、聞かれ、 「 覚えています。」 と答えた。


後にも先にも、あんな風に声の出た試合は、あの試合しかない。


岡部コーチといっしょに、18期生に学ばせてもらった大会だった。




2011071815280000.jpg



閉会式。


良い物をもらった・・・すごく記念になる。




小俣先生にお礼の挨拶。

2011071815340000.jpg



この大会から初めてメダルを授与するとのこと。


最高にラッキー。


世界にこれだけしかない記念のメダル。


2011071815350000.jpg



このエンブレムの意味も教えてもらった。


「 鳥は ”不死鳥” 。 不死鳥は死なない。 剣は攻める。 でも、攻めてばかりでもダメだから、盾で守る。


GPはね・・・・・。」




色々と話を聞かせてもらった、楽しかった。





また、各学年お世話になります。



よろしくお願いします!!





投稿 : 正義の味方  フクシマン ・ コーチ
posted by 江南南 at 21:32| (OB)27期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

勘違い      勘違い

 最近の子供は早くからサッカーに触れている

 そのためか、少し上手いが多い

 10年前より、確かに上手い

 20年前より、凄いパスがある

 30年前より、戦術が複雑

 しかし、30年前より、20年前より、10年前より

 サッカーが本当に好きな子が増えているとは思えない

 
 学校でも、授業で速く、問題を解ける子は多い

 教える前に、公式を知っている

 だから、授業中は考えることなくすらすら

 答えがすぐに出る

 
 でもね、学校は試行錯誤しながら

 ゆっくり、ゆっくりと解いていく

 山頂にたどり着くルートはいくつもあるように

 問題の解き方も沢山ある

 その一つ一つに価値がある

 いろんな解き方を考えることが大切

 速く、速く出来る方法だけがいい訳ではない


 サッカーの世界も同じような感じがする

 ボールを受けた瞬間につぎのプレーが決まっている

 だから、速いプレーに見える

 上手そうに見える

 
 ボールを受けた瞬間につぎのプレー

 速く決まった方がいい

 そんなの当たり前

 しかし、なかなか決まらない

 決まらないから時間がかかる

 時間がかかるから、相手に囲まれる


 相手に取られるのはいいことです

 自分に何が足りないかが見えてくる

 見えてくるから練習する

 練習するからサッカーが好きになる

  
 この大切なスパイラルを沢山やったほうがいい

 
 そんなに、速いプレーをしなくていいんだよ

 サッカーは自分のもの

 自分の考えを持ってプレーを続けることがたいせつ

 
 ちょっと 上手い気になっている選手の勘違い

 一番、辛い

 30年もこの道を歩いていると

 沢山の勘違いの親子にすれちがったことか
 

          大豆が発芽しなくて悩む  まつもと





























 
 大変なことは自分で感じ

 自分で身に付けるもの


 

  
 

 
posted by 江南南 at 21:21| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

暑いです本当に!でも朝から晩までサッカー!

この3連休、地元熊谷の気温はお約束の様に連日38℃を超えた。
28期5年生には絶好のチャレンジ連休となった。
土曜日は、ヴァンフォーレ、SCH、はくつる、柏イーグルスと朝から晩まで練習試合。
日曜日は、マリノス、トッカーノ、柏イーグルスと朝から晩まで練習試合。
海の日月曜日も、ファナ、柏イーグルと朝から晩まで練習試合。
猛暑の中、倒れる選手は一人も居なかった?(カズヤがあやしかったかな?)

この3日間で、何試合したのだろう?
お父さん、お母さん方設営、審判等ありがとうございました。

サッカー仲間の良いプレイを沢山感じる事が出来た。
監督からの尊いダメだしも沢山もらった。
いよいよ夏休み突入!少しは実りの秋になる様にしっかりと過ごしたい。

それでは、土曜日の様子をK柳さん撮影でご覧ください。
2011.7.17 28期 001 (1024x768).jpg


2011.7.17 28期 002 (1024x766).jpg


2011.7.17 28期 004 (1024x752).jpg
なぜか、顔を隠す・・・

2011.7.17 28期 003 (1024x768).jpg


2011.7.17 28期 005 (1024x752).jpg
久しぶりのリゾートT氏の背中

2011.7.17 28期 010 (1024x768).jpg

イーグルスの選手たちも元気です。

2011.7.17 28期 011 (1024x750).jpg

2011.7.17 28期 012 (1024x768).jpg

2011.7.17 28期 013 (1024x750).jpg

あんちゃんの付き合いにも飽きてきたか・・・・
2011.7.17 28期 007 (1024x768).jpg


尊いダメだしをもらっています。
2011.7.17 28期 008 (1024x766).jpg


2011.7.17 28期 009 (1024x756).jpg

2011.7.17 28期 014 (1024x767).jpg

2011.7.17 28期 015 (1024x741).jpg

2011.7.17 28期 016 (1024x754).jpg

2011.7.17 28期 020 (1024x742).jpg

暑さに順応したイーグルスTコーチ
2011.7.17 28期 021 (1024x748).jpg


2011.7.17 28期 023 (1024x768).jpg

お父さん達も日陰のベースキャンプつくりに必死でした。
2011-07-17 001 004 (1024x754).jpg


2011-07-17 001 003 (1024x768).jpg

2011-07-17 001 002 (1024x764).jpg

2011.7.17 28期 026 (1024x742).jpg

最後の挨拶。
一日ありがとうございました。
2011.7.17 28期 028 (1024x766).jpg


投稿:高橋弟
posted by 江南南 at 08:32| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

17歳の戦い

BSフジで 「 FIFA WORLDCAP U-17 メキシコ大会 決勝戦 」 がやっていたので思わず見入ってしまった。


決勝戦の会場は メキシコサッカー聖地 【 Estadio Azteca 】 (エスタディオ アステカ)


70年、86年のW杯でメンインスタジアムとて使用され、サッカーの神様 ペレ がブラジルを優勝に導き、


ディエゴ ・ マラドーナ が数々の伝説をつくり アレゼンチが2回目の優勝を手にした場所でもある。


収容人数 11万4000人。


17歳の世界一を決める戦いの場は、満員の観衆で埋め尽くされていた。


「 17歳の戦い 」 で10万人を超える観衆・・・・・


熊谷市の半分近い人がサッカーを見に行く事になる。


日本にそんな日が来るのだろうか・・・・?


試合の内容は、技術、戦術、体力、メンタル共にハード且つ、ハイレベルな試合だった。


メキシコ代表選手の中に ジュリオ・ゴメス(No.8) と言う選手がいる。


準決勝のドイツ戦 先制点と決勝点 と叩き込んでいる。


決勝点は CKからのこぼれ球を オバーヘッドでネットを揺らした・・・


まさに 執念のゴール。


だが、尊敬するのはそこだけではない。


実は、メキシコの同点ゴールが生まれた時、相手選手とヘッド競合い、そのままゴールの中へ、流血・・・


しかし、止血し包帯をぐるぐる巻きにてピッチに戻ってきた。


視覚を遮られプレーしずらそうだったが・・・・・・


その後の、決勝点なのだ・・・



決勝戦は途中出場。


やっぱり包帯はぐるぐる巻き・・・


でも戦っていた・・・その選手だけではなく。


ピッチに立つ選手全員と控え組、監督やコーチ陣が、戦っていた。


結局、 2-0 で開催国 メキシコがウルグアイを下して優勝。


「 17歳の戦い 」 は幕を閉じた。




聖地  【 Estadio Azteca 】 (エスタディオ アステカ)が揺れていた。


日本の解説者が言った。


「 両チームの選手達は、まだ、「 育成世代 」 です。 これかの選手ばかりですから・・・ 」


「 育成世代 」 の選手のサッカーに、11万人の観衆が歓喜する・・・・・すげぇー事だ。






そー言えば、そんな試合を魅せられたから やらせてもらっているんだった。


「 熱い試合 」 をやらせてあげたい。





いつも思う・・・「 戦えていたのか? 」


奴等の事、「 引き出せているか? 」



8人制ラストの大会・・・悔しさと未熟さ。



こっちの決勝戦も観戦した・・・ 


子供達がファイトしていた・・・


9番の小さい子は、前線から全力でボールを追いかけた。


ボールが体にぶつかる。


そしてを運ぶ・・・・・だけじゃない。 


見てるし、出せし、狙ってるし・・・だから運べる。



「 俺達が勝つ! 」 見たなものが伝わって来た。



それを引き出せている・・・・・







てっぺんを争うステージには、「 戦う集団 」 しか上がれない。


「 上手くなる 」 には練習するしかない。


「 強くなる 」 にはその殻を自分で破るしかない。


最後は 「 自分で決める! 」 


「 強い意志 」 を持つ事が、自分自身を向上させる。






【 直向き 】 に前進。







投稿 : 正義の味方 ミジュクマン ・ コーチ
posted by 江南南 at 02:05| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

次へ!共鳴の涙

純平 次へ!
現在発売中「エルゴラ」より 
共鳴の涙
img-707064746-0001.jpg
万雷の拍手に送られながら、共鳴をテーマに躍動したU-17日本代表“94ジャパン"
メキシコをあとにした。
 王国プラジルとの準々決勝。涼しい気候に劣悪なピッチというこれまでとは真逆の環境で
戦いに臨んだ日本は、彼我の差を思い知らされることになった。
それまでの戦いで見せた槻能美にあふれたサッカーは影を潜め、ブラジルにクオリティーの差を
見せ付けられた。
ただ、それだけでは終わらなかった。終盤に見せた決死の反攻。「あのまま終わる」のとでは心理的に残るモノがまるで達う。
価値ある反攻だった。
 1994年生まれ以降の選手が選考対象だった今回のU17代表。吉武博文監督はチームについて「選ばれなかった選手まで含めで94ジャパン"
といった話を以前にしていたことがあるが、年代別代表が世界大会に出て行く意味の一つに
“世代としての共感性"がある。
当然ながら、選ばれた選手たちはこの世代の選手たちの僚友であり、敵手である。
対戦した経験、練習した経験があって、力は見えている。そんな彼らが世界と戦うのを観る。「早川があれだけやれるなら俺だって…」と
思う選手もいるだろうし、「喜田があれだけやられる」とか
「ブラジルはどんだけすげ一んだ」と思う選手がいてもいい。
もちろん所属チームに戻った代表選手たちによる“還元"もある。世界大会のピッチに立った選手だけが“経験"するわけではない。世界での手ごたえも涙もシェアされていく。大会の結果に一喜一憂するのはナンセンスだが、大きな意味での“94ジャパン"
この大会で積み上げたものが決して小さなものでないのも確かだ。
 言うまでもなく、今回選ばれた選手たちで大成できるのは一握り。そ
しで選ばれなかった選手の反攻"は必ず起きる。
その健全な競争が“94ジャパン"と、その周縁の世代をさらに強化していくだろう。それこそが真の“共鳴"だ。 次のU-20で、リオ五輪で、そしてW杯で、彼らが共鳴の真価を見せてくれることを信じている。

img-707064818-0001.jpg
posted by 江南南 at 07:35| (OB)22期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

ある日の総合グランド

ある日の総合グランド・・・


総合グランドでの練習は、各学年で練習する場所が決まっている。


年長さん、1年生は、パパ、ママにすぐ会えるように入口の近くで練習しているサッカー


その成長をいつも見守ってくれているのが・・・・

2010年03月18日_1.jpg


この 銀杏の木。


今日も、年長さん、1年生の楽しそうな声と、それに負けない 森田コーチ の元気な声が響き渡っていた。


「 ナイスだよ! 」

「 失敗してもいいよ。チャレンジしよう! 」


子供達の動きが良くなっていく・・・・・



2010111819130000.jpg



秋の銀杏の木の下は、去年の1年生。


褒められて、良いドリブルをするようになった2年生・・・


やっぱドリドリだね。





若い銀杏の木 はこの先もずっと見ているよ。





がんばれ!遊びの天才達!!





投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ

posted by 江南南 at 23:00| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

何を思うか・・・

『 FIFA WORLD CAP U-17 メキシコ大会 』  日本の快進撃が続いていたが・・・・


2−3  サッカー王国 ブラジル  に敗戦し、ベスト8で幕を閉じた。




この年代で世界とガチで勝負し、何を感じ、何を学んだのか。

泣き崩れる選手達・・・・・ まぁ、 「 負けず嫌い 」 の集団である事は間違いないな。



純平 もベンチで満足するようなタイプではない・・・

こっからだな、また、こっから。



日曜日、繁田も悔しい思いをしただろう。

やっぱり、こっからだな。




競争しあえる仲間がいるのは素晴らしい。

簡単に諦めるようには、伝えてはいない。

自分がどうなりたいか?

それは自分が決める事。





投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ



posted by 江南南 at 12:00| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諦めなかった者

クマガヤSC U−15 に携わる沢山の方々・・・・

サッカー全国大会出場サッカー  おめでとうございますexclamation×2



色んな 思い や、 競争 の中で 「 諦めなかった者 」 だけが味わえる最高の瞬間と、感動を目に焼きつけたのではないでしょうか・・・

『 もっともっと 』 から色んな事が想像できました・・・・

本当におめでとうございます。



全国大会も けっぱって来て下さい手(グー)





いつもいつも OB の事を気にかけてくれる先生・・・

この1枚をご紹介カメラ


先生&ゆーじ&おーちゃん.jpg

(左から おーちゃん & 先生 & ゆーじ)


ある日曜日の1枚。

先生の下へ、報告へ、先生からはアドバイスが・・・




おーちゃん & ゆーじ は 17期生 「 第25回 全日本少年サッカー大会 」 に出場。

今は 教員 を目指して、日々精進している。

指導者駆け出しの自分も、17期生に学ばせてもらいました。

思い出の 清チャン ・・・ あのPK戦・・・ しびれたね。


また、遊びに来てね手(パー)





投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ

posted by 江南南 at 08:00| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

 もっともっと

 U-15 全国大会出場 おめでとう

 舜 やったな

 佐川に感謝だな

 ライバルがいることは幸せなこと

 監督熱男こと オビン お前の練習の成果が出たな

 
 腰痛で試合に出られない渋沢が汗を流しながら

 ドリンクの用意をしていた

 試合のあとの片付けも一番よくやっていた

 サッカーの神様はいつもみんなをみている

 しぶが北海道でプレーする姿が見たい


 試合中、足の痛みを感じさせなかった力也の闘志

 ペナの中、見事なドリで同点ゴールを決めた燎汰

 相手の9番に決定的な仕事をさせなかった真

 小さな体でいい仕事をやった三知

 相手の10番中野に身長では15センチ以上負けていたが

 プレーでは勝っていた牛若丸 夏輝
 
 左足のスペシャリスト柳澤 

 やられたと思いしや 見事なカバーだった

 智、和彦、出番はなかったが次がある

 拓海 もっとやれるだろう

 八木の声 ベンチでもよく聞こえたぞ

 直樹、元気、麿郁 もっと鍛えろ



 悔し涙を流したレッズの智陽、深谷の匠平

 これくらいで へこたれるなよ



 息子がベンチだったのに、舜がよかったと

 涙を流して喜んでいた佐川の父が眩しかった


 ヴェルディの選手25人中17人がジュニアからの育成選手だった

 U-12の時からのライバル、

 みんな泣いていた


 クマガヤの選手のベンチもみんな泣いていた

 
 美里、児玉、深谷西、熊谷東、大里、福原、長瀞、篭原、行田・・・・

 沢山の少年団の努力の集まりが全国の扉をこじ開けた

 

 そうそう、今度、ヘデングシュートの練習会 講師に元気を呼ぼう

 純平 U-17の経験 後輩達に伝えろよ

 
 勝っても負けても また 練習  

 もっともっと 巧くなろう

                     素晴らしい選手と親に出会えて幸せな まつもと

  

 
posted by 江南南 at 23:38| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする