2010年11月29日

セレクション

 関東のJのジュニアユースのセレクションが行われている。

 何百人の子が受ける。

 素晴らしいことである。

 どのチームも20人位が合格する。

 プロの育成チームである。

 本気で教えるプロのコーチが教える。

 素晴らしい環境である。

 
 しかし、ジュニアユースに入団できたとしても、プロになったわけではない。

 厳しい練習、帰宅は10時に帰れれば早いほう、11時くらいは当たり前。

 翌朝は学校、勉強は勿論本業である。

 よほどの覚悟がいる。

 中途半端じゃつとまらない。

 
 江南南からプロになった選手は4人いる。

 レッズから2人、クマエスから2人。

 4人とも半端じゃなかった。

 言い訳が嫌いで、いつの練習でも100%でやっていた。

 親もしっかりしていた。

 
 本気でやることはとても良いことだ。

 さて、明日の練習、何人が本気か楽しみだ。
posted by 江南南 at 21:51| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

 あいつ、頑張ってるな

  4年生の大会を見てきた。

 どのチームも個人を大切にしていた。

 クラブチームの良さは勢いでは無く、個人スキルが高い。

 選手の感性を大切にできるチームが沢山あった。

 Jのチームに負けないスキルがあった。

 少年団にはできない丁寧さがあった、勉強になったね4年生。


 午後はU−13の大会に。

 トミオカ監督の指示が凄い。

 「エグザエル」「アキバ」「スマップ」「嵐」

 いろんな暗号がでていた。

 強い気持ちで練習に取り組んでいる選手は自信に満ちている。

 ボールボーイの動きのキビキビとした動きを見て思い出したことがあった。
 
 

 7年位前、マリノスカップの試合中のこと。

 副審は中1の選手。

 ベンチの前でオフサイドラインをキープしながら走っていた。

 「最近、調子はどうだ。」と、話しかけると。

 「試合が終わってからにしてください。」と、ふられた。

 試合の後、彼が笑顔できた。

 「今は、サブです。みんな、速いし、強いんですよ。」

 「まあ、腐らず頑張れよ。」と、声をかけてた。

 彼とは5,6年生の時に戦った。柔らかいボールタッチの選手だった。

 その彼がアジア大会で得点を決めていた。

 
 今の自分のやることをしっかりできる奴は伸びるのかも。

 
           明日は畑仕事、頑張ろうと思っている  ようすけ   だが、どうなるやら
 
posted by 江南南 at 21:32| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

県少年団大会@埼玉新聞

26期少年団埼玉新聞.jpg

江南南 史上初 4連覇

県少年団中央大会
第39回県サッカー少年団中央大会(県スポーツ少年団、県サッカー協会、
県教育委員会主催、埼玉新聞社など後援、埼玉懸信用金協賛)は
21日、埼玉スタジアム第2、3グラウンドで準決勝、決勝が行われ、
決勝で江南南(熊谷)が越谷FCJrを1−Oで下した。
史上初の大会4連覇を果たし、優勝回数も最多の10に伸ばした。
3位は浦和三室(さいたま)と寄居FC2001
 上位4チームには主催者、協賛社から賞状、メダルなどが贈られた。
 
江南南が後半終了間際に得点し、堅守の越谷FCJrを退けた。
江南南はボールを左右に散らしゲームを支配するも、今大会1失点と堅守を
誇る越谷から決定的な場面がつくれない。
試合が進むにつれ、ダイレクトパスを使い、さらに相手を揺さぶった。
後半19分、MF中島のパスがDFの裏をつく。
反応したFW萩原がドリプルで持ち込み、GKとの1対1から左隅に決勝ゴール
を蹴りこんだ。
越谷は後半20分に全員をあけてのCKを迎えるも、得点にはいたらなかった。

努力結実、歴史築く 

 江南南が史上初の大会4連覇。最多を数える優勝回数も大台の10に乗せた。
チームを見守ること26年の松本ヨウ佑(ヨウは巾に昜)総監督は
「10回はすごいね。子どもたちが努力してきた結果」と目を細めた。
 最後の関門となった越谷FCJrとの決勝。
後半19分、試合を支配し続けた江歯南がついに均衡を破る。
中島剣士郎のパスを右サイドで受けた萩原大智がゴール前に持ち込み
GKと1対1。「空いているのが見えた。」左サイドネットヘ冷静に突き剌
した。
 準決勝に続いてきん差の勝利。主将の佐藤拓哉は「4連覇が懸かり緊張していた。
勝ち切れたのは心の強さがあったから」と口にした。
 現26期生を小学1年から6年間指導に当たった吉原邦陽学年監督は
「重圧の中で一生懸命やっていた」と教え子の成長に顔をほころぱす。
「入団当初は昆虫を採ったり、木登りをしていたのですが」と懐かしむ。
 まずは練習の中で遊びを取り入れながら、ボールに親しんだ選手たち。
低学年の頃から先輩たちの活躍を試合で見て「将来自分たちも」という思いが
芽生えた。
Jリーグ浦和でプレーする19期生の原口元気さんらあこがれのOBもいる。
 選手たちはユニホームの左胸にある「南」の文字を握りピッチに入場した。
誇りは脈々と受け継がれる。「自分たちの代で歴史をつくることができてうれし
い」と主将の佐藤。
 江南南には選手、揃導者、父母が三位一体となった家族とも呼べる「絆」がある。
閉会式後、父母たちが指導者や選手を迎えた。松本総監督がその輪に向け応援のお礼を
述べるべる。選手の鍛錬とチームの絆、伝統が結集し、江南南が金字塔を打ち立てた。
(丹羽良平)

posted by 江南南 at 21:21| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

初優勝

 26期のみんな、優勝おめでとう。

 新人戦も全日も十分に力を出し切れなかった。

 39回の少年団大会での優勝は26期にとって、

 初めての県大会での優勝。

 地区予選から、苦戦の連続でした。

 県大会では大苦戦の連続でした。

 運がよかった試合もありました。

 運を全部使い果たしたので、

 4種とフットサルは実力勝負ですね。

 明日から、また、みんなで精進しましょう。

 サイスタで食べるお母さん達の手作り弁当最高でした。

 
 結果として4連覇でしたが、毎年選手変わるので、

 いつも、初優勝目指して頑張った結果です。

 
 保護者は勿論のこと、OBや下級生の応援が力になりました。

 また、いつも練習試合をしてくださっている沢山のチームの皆さん ありがとう

 
 
 準決勝の前、言葉を交わすことはなかったが、

 片山の選手達の熱い視線が選手に勇気をくれました。

 君らの頑張りは日本一です。

 そんな君らといつも真剣勝負ができる江南南の選手は幸せものです。

 20年に渡り戦い続ける片山と江南南。

 明日も試合ですね、練習試合ではありません。

 いつもが本番ですね。

 観戦チケットはあと数枚残りがあります。

 
 
 川原先生、深谷ねぎ食べますか。


                       1年生と一緒にチューリップを植えた  まつもと
posted by 江南南 at 22:18| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

1本1本

 ごまの収穫を終えて、堆肥を播いて                                                                                                                                       
 
 トラクターで耕す。

 上から石灰をまく。

 2週間ぐらいおいて、

 さくを切り、ベッドを作る。

 マルチをひいて準備完了。

 延べの労働時間は4時間ぐらい。

 そして、9月に播いたタマネギ苗を植える。

 1本1本、しっかり植える。

 腰にくる。

 有機栽培15年、味の濃いタマネギは5月末から収穫できる。

 2500本の苗が植えられた。2500個のタマネギができるとは限らない。

 これが終わると、大豆の取り入れの作業に追われる。


            明日は早起きをしょうと早寝を決め込む  まつもと
 


1本1本、タマネギを植えて。

  
posted by 江南南 at 19:07| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

う〜ん県大・2

 県大2日目、う〜ん、う〜んの連続。

 18人の6年生が埼スタのピッチに立てたのが収穫。

 ケガで登録できなかった選手がいる。

 登録が遅かった選手もいる。
 
 20人の選手を支える保護者がいる。

 田植えの時も、稲刈りの時も頑張ってくれたお父さん。

 みんな、誰が頑張る親父か知っている。

 「20人の親父」になっている。

 
 最近の傾向として、自分の子しか観られない親父が多い。

 母親は当然、自分の子が一番。 それは、それでいい、当たり前。

  
 親父は大きくなれよ。

 26期にだって、「20人の親父」になっている親父がいる。

 まだ、「20人の親父」になれていない親父。

 あと5ヶ月、時間は十分あるさ。

 俺の親父は「20人の親父だ」と思える子は幸せものさ。

 少年団のサッカーは子供だけでなく保護者も同時に成長させる。
  
 これだから、コーチは辞められない。


 武南の橋本 開の試合を観てきた。

 パンフレットに20期生の名前が沢山あった。

 高校三年間、よくがんばったな。まだあるぞ。

 戸内まだあるぞ。

 
 今、戦えない選手に明日はない。

 走り続ける気持ちで自分の人生を切り開け。
 


          う〜んのお腹が肥えてズボンが入らなくなった まつもと
 
posted by 江南南 at 21:02| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

エルゴラ@原口元気インタビュー

エルゴラより
「ロンドン橋を踏破せよ!原口元気インタビュー」
img-Y10142303-0001.jpg

img-Y10142303-0001.jpg

img-Y10142326-0001.jpg

11日まで駅売店、コンビニ等で発売中。
posted by 江南南 at 14:48| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

がんばるOB@保護者編

AFC-16や高校選手権予選、U-15高円宮関東大会等卒団生の活躍が
沢山聞こえてくる実りの秋。

頑張っているのは、子供達だけではなかった。
純平おやじも大麻生の外部コーチとして県大会で戦っている。
O中県大会 001.jpg
初出場ながら、1回戦、2回戦を勝ち上がり今日、ベスト8をかけて
駒場サブで吉川中央中学と対戦!
前半1-1、後半0-0、延長前半1-0、延長後半1-0 
トータル3-1で埼玉県中体連ベスト8に名乗りを上げた。
ブラボー!
O中県大会 002.jpg

O中県大会 003.jpg
おでこだけ写っている24期ベンチ外のちはる。

地域の為に、力を注いでくれている姿は感動ものだ。
他にも、別の地域で力を注いでいる保護者の方々が沢山いると聞く。
江南南で親も何かを感じ、学び、行動に移す。
さすがだ。

大麻生地域の結束は固く、帯同審判も地域の人が協力してくれる。
素晴らしい。

次はベスト4をかけて11月18日(木) 9:30 埼玉スタジアム 第二Gです。


投稿:埼スタで審判が出来ると喜んでいたら、次からはすべて連盟ですと言われ、ちょっと残念がる高橋。
posted by 江南南 at 17:36| (OB)22期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作りは温かい。

土曜日のテレ玉で、橋本 開くん(20期生)の豪快なヘディングシュートを見たサッカー

小学生時代も、臆さずにゴールに飛び込んでいた。

少し懐かしくもあり、直向きに鍛えている姿が想像できた。

準決勝も頑張れ!開!!




5年生は 『 長瀞招待 』 に参加した。

2010110609130000.jpg

この日は快晴晴れ秩父の山々がとてもキレイでした。

2010110609150000.jpg


風もなく、穏やかな天気。

どのチームも子供たちが気持ちよさそうにプレーしていました。

2010110611470000.jpg


そして、『 長瀞招待 』 と言えば、夏は 「かき氷」・・・・・

秋は、 「 豚汁 」 です。

2010110613210000.jpg

この豚汁は前の日に1回煮込み、みんなに振舞うときは2日目・・・

なるほど! 煮物は2日目が最高に美味いっす!!

どうりで味が染み込んでいる・・・

子供も大人も、美味しく頂きましたわーい(嬉しい顔)

御馳走様でした m(__)m



閉会式の頃には、日は傾き、肌寒くなっていました。

2010110615480000.jpg


秩父の山々は夕方もキレイでした。


2010110615440000.jpg



FC長瀞の父兄、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

また、楽しみにしています。

お世話になりました。




投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ
posted by 江南南 at 12:00| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

  う〜ん 県大

 ボールが止まらない。

 周り見えていない。

 たまたまのプレーが続く。

 アイディアが無い。

 体力も無い。

 練習もなかなかそろわない。

 サッカーの神様はちゃんとみんなを見ている。

 
 キャッチボールができない人は野球はできません。

 守備をしない人には打順はありません。

 
                  タマネギ植えに追われる  まつもと
posted by 江南南 at 21:35| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

がんばれ卒団生達@高校サッカー選手権予選

がんばれ!卒団生達!
高校サッカー選手権埼玉県予選

高校サッカー速報.jpg
posted by 江南南 at 20:54| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県サッカー少年団大会@埼玉新聞

埼玉新聞 11月5日
江南南初戦はサイタマJr 
新座片山は川越Yと対戦
26期少年団大会抽選.jpg

 第39回県サッカー少年団中央大会(県スポーツ少年団、県サッカー協会、
県教育委員会主催、埼玉新聞社など後援)の代表者会議ならびに抽選会が
10月29日、与野本町コミュニティーセンタ−ドで行われた。

 抽選会には東西南北の各ブロック予選を勝ち抜いた32チームの代表者や
監督が参加。各プロ″クごとに抽選を行い、組み合わせが決まった=別表。

 史上初の4連覇に挑む江南南(熊谷)は1回戦でサイタマJrFC(富士見)
との顔合わせ。江南南の吉原邦陽学年監督は「選手たちが(4連覇の)重圧を
楽しむことができれば。全員で勝ち抜いていきたい」。
一方、サイタマの池上良彦代表は「江南南の胸を借りることができて光栄。
目の前の1勝を目指したい」と話した。

 ほかにも、6月の全日本大会県予選準優勝の新座片山FCや同3位の
浦和三室 (さいたま)などの強豪が控え、混戦は必至。

 12年ぶりの頂点を狙う上福岡少年少女(ふじみ野)は、過去2度準優勝の
戸塚FCJr(川口)と、前回3位の川越福原は大袋FC(越谷)と対戦する。
 大会は、7日に熊谷スポーツ文化公園でー回戦、13日に埼玉スタジアム第2、
第3グラウンドで2回戦と準々決勝、21日に同会場で準決勝と決勝が行われる。
posted by 江南南 at 20:46| (OB)26期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

やさしい男登場!

今日は熊谷市の総体決勝戦!

どの学年も全員で頑張りました!

すでに画像もUPされているねカメラ


ひさしぶりの晴天のサッカーだった気がするなぁ・・・



そんな中、サプライズがありました!


OB(16期生)の 笠原 昂史選手(明治大学) が、遊びに来てくれました。
(プロフィール(水戸ホーリーホックのHPより)→http://www.mito-hollyhock.net/www/news/index.cgi?no=388


25期生が明治大学グランドに行った時も、顔を出してくれた 「やさしい男」!

後輩達もびっくりな選手!


総体1.jpg


27期・・・記念撮影しましたカメラ 

もう1枚カメラ

総体2.jpg




努力なくして、プロにはなれない!

その努力は計り知れないと思う・・・・

ありがとうございました!


頑張れ!水戸ホーリーホック  笠原 昂史選手!!




投稿 : 正義の味方 フクシマン ・ コーチ


P.S また、遊びに来て下さい m(__)m
posted by 江南南 at 01:13| (OB)27期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

2010熊谷総体@28期4年生

2010熊谷総体 019.jpg

2010熊谷総体 020.jpg

2010熊谷総体 021.jpg

2010熊谷総体 022.jpg

2010熊谷総体 023.jpg

2010熊谷総体 024.jpg

2010熊谷総体 031.jpg

2010熊谷総体 032.jpg

2010熊谷総体 037.jpg

2010熊谷総体 034.jpg

2010熊谷総体 039.jpg

2010熊谷総体 037.jpg
posted by 江南南 at 20:56| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010熊谷総体@29期3年生

2010熊谷総体 002.jpg

2010熊谷総体 003.jpg

2010熊谷総体 004.jpg

2010熊谷総体 005.jpg

2010熊谷総体 006.jpg

2010熊谷総体 008.jpg

2010熊谷総体 009.jpg

2010熊谷総体 010.jpg
posted by 江南南 at 20:52| (OB)29期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

燃える舞台

日本代表 U―16!

U―17WORLD CUP出場決定!!



VS イラク

3―1 で勝利!


AFC U―16 ベスト4!

準決勝進出!



この代表の吉武監督は、このチームを『94ジャパン』と呼ぶ。

それは、「94年以下生まれの全ての選手と共に戦おう」と言う思いが込められている。


勝った瞬間、ベンチを含め全ての選手が泣いていた。

苦しく、厳しい試合だったな。





まだチャンスはあるぞ!

謙虚に、直向きに…

けっぱれ!純平!

アジアチャンプになれ!



頑張れ!日本!



投稿:正義の味方 フクシマン・コーチ
posted by 江南南 at 23:31| (OB)22期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純平はね

 純平はね、大の負けずぎらい。

 全国は行けなかったが、

 マリノスカップも、清水のチャンピョンカップも優勝した。

 あの学年だけが成しえた偉業である。

 素晴らしい仲間とガンガンに精進していた。

 純平以外にも、凄い奴が沢山いた。

 純平に負けずに頑張れ。



                      ピンタンの苗の出荷が終わりほっとしている  まつもと
posted by 江南南 at 21:35| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AFC U-16 がんばれ!新井純平選手 

AFC U-16 オーストラリア戦 (日本協会のページより)
AFC 純平.jpg

新井純平選手No13 キャプテンマークをつけて堂々の入場!
日本協会のページはこちら

11月1日 対イラク戦 テレ朝チャンネルにて20:55〜放送
チャンネル案内はこちら

世界選手権出場まで後一歩!がんばれ純平!
母校、大麻生中学の後輩達も11月5日に県大会に初出場する。
もう、村は盛り上がっている。大騒ぎだ!  
posted by 江南南 at 13:05| (OB)22期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする