2010年09月26日

指導者の条件 指導者はね

 8月の末、GP40周年のお祝いがあった。

 小俣先生を慕う人が300人集まった。

 凄いことである。

 日本の少年サッカーの宝である。

 小俣先生は勿論であるが、コーチも凄い。

 育成会の保護者も凄い。

 1年から6年まで100チーム以上の参加の大会が開けるGP。

 凄い親が沢山いる。

  
 凄い親は江南南にも沢山いる。

 子供が卒団して26年経っても、応援してくれる人もいる。

 後は指導者である。

 頑張ろうと考えていたところ、

 「指導者で一番大切なことは、・・・・・・・である。」と、川原先生が300人の前で。

 う〜〜〜〜ん、それが大切なんだ。

 とても参考になった。

 夏の最後でいい話を聞いた。

 
                    ラベンダーの挿し木を150本やった   まつもと


   PS,ラベンダー挿し木にチャレンジしたい方、声をかけてください。   

 
posted by 江南南 at 20:57| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

あの人のプレーヤーズファースト

いつも、選手達の事を1番に考えてくれているお父さん、お母さん。
ありがとう。

先日の練習試合の時、あの人・・・そう! リゾ−トT氏のプレーヤーズファーストを
目の辺りにした。
やはり、彼は違う!
本当に違う!
何か違う・・・・
それはこれだ!
3

2

1
image/2010-09-19T18:26:35-1.jpg
我々、凡人であれば携帯用音楽プレイヤー等の
イヤホンを出す穴。
あの人は本気でティッシュを出していた。

選手が出血した時に直ぐに対応出来る様に
だと言う。

さすがだ、頭が下がる。

あの人には、プレイヤーと言えば、選手の事しか
頭に無い。音楽など関係ない。

が、その後、周りから「イヤホン用じゃない?」と言われ
「そーなん?違うよティッシュでいいんだよ!」と
叫んでいた声は聞こえなかった事にしよう。

【今回は本当に勝てないと思った高橋弟】
posted by 江南南 at 09:30| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域でもガンバルお父さん達

この時期、各地で運動会が開催されていると思います。
ここ、熊谷の学習院と呼ばれるO小学校でも先週末運動会が行われた。
この、小学校からも多くの選手達がチームに在籍している。
歴代OBも含めて、この学校の選手達は品がよく、頭もよく、気立てが良い。
さすが、監督、両新井コーチの母校だ。
多くの人材も輩出している。

そんな地域の中でお父さん達が頑張っていた。
サッカーの試合ではビデオを持った事が無い人もビデオとカメラを持って飛び
回っていた。
10O小運動会 001.jpg

10O小運動会 028.jpg

10O小運動会 002.jpg

子供がケガで運動会を見学になってしまい、子供以上にイジけてたたずむお父さんもいた。
10O小運動会 003.jpg

来年1年生のチビッコの受付をしているコーチも
10O小運動会 006.jpg

タイヤころがしも、始まる前は笑っていたけど・・・
10O小運動会 026.jpg

10O小運動会 017.jpg

地域を支え、チームを支えてくれているお父さん、お母さんありがとう。

【来年の運動会はお母さんを取材しようと思っている高橋弟】

posted by 江南南 at 09:08| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

マリノスカップ2

 マリノスの西谷監督、ゆったりしたスタンスで目先にとらわれない指導。

 こんな監督に教えてもらえる選手は幸せである。

 創造性豊かな選手が沢山育っている。

 神奈川のレベルが高いのはマリノスがあるからである。

 埼玉、残念。

 
 フロンターレの高崎監督、こだわりの固まり。

 ゲーム中のワンプレーも見逃さない厳しさ。

 ミーティングが長い、終わったと思うと、個人レッスン、これも長い。

 良くそんなに沢山話すことがあるな。

 
 レイソルの村井監督、いつも笑顔である。

 選手の特徴を生かすのが上手い。

 ただ、何を聞いても教えてくれない。

 試合中もリラックス、リラックスで非常にやりにくい。

 バスの運転はプロより巧い。

 
 マリノスのジュニアユースの河合監督、中学生にもいい指導をしていた。

 全日3連覇はもう無いだろう。

 いい選手を沢山生み出している。

 ジュニア、ジュニアユースでいい指導者に出会えた選手は幸せである。


 川崎や横浜、横須賀のトレセンの指導者の方々も素晴らしい。

 バディーが初出場で優勝できたのもこの環境があったからである。

 高橋、南雲のコンビが精進できたのも神奈川の素晴らしさ。

 

       
             タマネギの種まき、収穫は来年の6月  毎日、目をかける  まつもと
posted by 江南南 at 21:02| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

今年の夏その2 マリノスカップ1

 8月13,14,15日はマリノスカップ。
 
 今年も招待された。感謝である。

 決勝、マリノスのFWの先制ゴールは見事だった。

 クロスボールを右足のアウトでコントロール、うめーと思った次の瞬間。

 インスッテプでキーパーの頭上を越えるスーパーゴール。

 その間、1秒なかった。

 いつキーパーの位置を確認していたのだろう。

 同点になった後の決勝ゴール。

 また同じ選手、センターリングをフリーになりドンピシャのヘデングシュート。


 毎年、毎年、レベルが上がっている。

 10年以上参加させてもらって、選手は勿論であるが、指導者も大変勉強になる。

 江南南からも3人のJリーガーが出ているが、

 マリノスカップでやった選手が沢山Jの選手になっている、

 今年も気になる選手がいた。

 グランパスの中盤の選手、小柄ではあるが周りが良く見えていた。

 ゆっくりドリブルで2,3人を抜き去った。

 レイソルの5年のFW、ナイキカップでも目立ったいた。

 マリノスのFWの子も小柄でサッカーのスピードがあった。

 小学生のうちは小柄ぐらいで苦労したほうがいいのかもしれない。

 小柄なことはいいことなのかもしれない。

 小柄なことに感謝しよう。

 
 次ぎは監督編


               暑さのお陰でナスが毎日穫れて喜ぶ まつもと
posted by 江南南 at 21:37| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

今年の夏 その1

 今年の夏も沢山の招待試合でお世話になった。
  
 GP2,3,4,5,6年、妻沼招待、鶴ヶ島招待、万代カップ、千葉北招待、SCH招待、雷鳥カップ、

 寄居招待、長瀞招待、益子招待、富士山カップ、ドリームカップ、マリノスカップ,熊谷東招待1,2,3,4年

 深谷招待、イーグルス招待、大里招待、山梨招待。

 多くの保護者の協力があった。

 コーチも時には仕事を休んでくれた。

 小生も年休や夏季休を遠征に当てた。

 15人のスタッフで1年から6年を指導するのは一杯一杯である。

 サッカーでご飯を食べているチームとは違う。

 仕事を終えて少ない時間で指導している。

 1年から4年まで1人で指導する時間もある。

 当然のこととして、上級生が下級生の面倒をみる。
 
 自分で黙々とリフティングをやる2年もいる。

  
 自分の好きなサッカーを教わりに来る子はいない。
 
 みんな、自分のサッカーをやりに来る。

 スクールや教室ではない、サッカー広場である。

 サッカー広場で汗を流した少年は青年になっても、大人になってもサッカーをやっている。

 プロであれ、社会人であれ、学生であれ、高校生であれ、中学生であれ。

 みんな、江南のサッカー広場で汗を流した。

 サッカーがすべてでは無いが、生活の一部になっている。


                         晩秋ギューリが美味しいと畑で食べている  まつもと
posted by 江南南 at 21:39| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

パソコンが

 パソコンが調子悪くて。

 だが、修理に出しませんでした。
 
 福島、高橋コーチに直してもらいました。

 夏のこと沢山書きたいことが。

 しかし、忘れました。

 
 
                      ごまの収穫,白菜植えに熱中症のまつもと
 
posted by 江南南 at 22:04| コーチだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

23期からメニコンカップ出場!

OB23期関口亮介君 
2010 メニコンカップ クラブユースU-15東西対抗出場


亮介.jpg


9/12に名古屋で行われるメニコンカップ2010
日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)にOB(23期)の関口亮介君が出場へ!
がんばれ!

大会HPはこちら

当時のGK軍団、遠征の時はメシを7杯以上のおかわりで張り合っていた事を思い出す。高橋弟
でっかくなったもんだ。

posted by 江南南 at 15:11| (OB)23期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010 U-10 県北大会A

前日の予選リーグを1位抜けしたチームによる、グループ別決勝リーグが行われた。
試合時間の早いBチームのグループキックオフ!
しかし、まったくダメ状態。
戦えない、チャレンジしない、ミスを恐れてミスをする・・・・
昨日、出来ていた事が出来ない・・・
全敗。
高橋兄コーチは責任を感じ、目まいをもよおし、肩を落としながら早退してしまった。

Aチームの出来も悪かったようだ。
しかし、なんとかグループ優勝をする事ができた。

沢山の宿題がコーチに出された両チームの試合だった。

リーグ戦が終わると、大宮アルディージャによるサッカー教室が行われた。
U-10県北大会 012.jpg

この日も、気温35℃超え!
しかし、選手達は他のチームの選手達と一緒になり、ボールを追った。
U-10県北大会 003.jpg

子供達だけではない。
コーチや大人を対象とした講習も行われた。
U-10県北大会 008.jpg

子供達の練習メニューをやってみよう!をコンセプトに沢山の指導者が講義を受けた。
その中に、タクミとジンナの父ちゃんが「よし」と言って混ざっていった。
いつも子供のプレーに「あーだ、こーだ」言っているお父さん達の腰が引ける中、
すばらしいチャレンジ精神。ナイス・モチベーションだ。

U-10県北大会 005.jpg

取材担当、高橋弟は仕事の都合ここで現場を離れたので、この二人がこの後どうなった
かは不明・・・・

この日も、父ちゃん、母ちゃんの沢山のサポートがあった。

そして、遠くの地の木陰では・・・・衝撃的な事が起きていた。
5年に帯同した4年の父ちゃん達

閉め切ると熱い、空けると寒い宿、土地で一晩中寝ずに、窓を開け閉めして
選手達の快眠を世話してくれていた様だ。
次の日も審判をして、ちょっと一息で座ったつもりが、テンプルにカウンターを喰らった
ボクサーの様に崩れ堕ち、まぶたを閉じてしまったようだ。

あまりにも衝撃的な姿、本人達の名誉の為に画像は載せられないが、そう、あの人です。

高橋弟
posted by 江南南 at 08:15| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

2010 U-10 県北大会 

熊谷は江南招待以降もズット35℃以上が続いている。
しかし、時はまってくれない。
お父さん、お母さん達の江南招待の疲れが取れない?まま
U-10県北大会が9/5,6と行われた。
5年生の試合に行った数人を除いてA、B 2チームでの参加となった。

この日も35℃を超えていた。
雨が降らないグランドは砂漠状態。
参加したチームにとっては、厳しい状態の中での試合となった。

予選2試合を何とか通過できた、A,Bチーム。
しかし、納得の行かない関根コーチはグランド撤収をする条件で、ピッチを1面残し
秩父西さんとフレンドリーをはじめた。
U-10県北大会 016.jpg

両チーム共疲れを見せず、思い切りボールを追った。

ここでも、お父さん達が疲れきった体に鞭をうって、審判やグランドの周りを囲みボール拾いを
してくれた。
U-10県北大会 014.jpg
「プレヤーズファースト」
いつも、ありがとうございます。

こうして、「管理業者が鍵を閉めるから」と言われるまでフレンドリーは続いた。

そして、大会2日目・・・・
5年生の保護者から、5年の試合に帯同したあの人の衝撃的な写メールが送られて
来る事になるとはこの時、知る由もなかった・・・・。

大会2日目編へ続く

高橋
posted by 江南南 at 18:53| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

U10 江南南招待サッカーフェスティバル A

2日目も朝から暑かった。・・・・
しっかりと大会を運営する為に、お父さん、お母さん達は
この日もしっかりとミーティングから入る。
江南南招待 060.jpg

お父さん立ちは大会中レフリーやボールボーイ?(ボールオヤジー?)をしてくれていた。
休憩時、日陰がありがたかった。

江南南招待 046.jpg


江南南招待 043.jpg

江南南招待 031.jpg

無事、事故、怪我も無く閉会式を迎えられた。
江南南招待 062.jpg

あるチームのコーチが言っていた。
「ここからが、もう一つの江南招待の見せ場なんですよね」
「保護者の片付けの速さ!」
「これは、一見の価値ありです、これ見るのも楽しみです。」
そう、あっと言う間に片づけがはじまっていた。

江南南招待 072.jpg

準備から数ヶ月間、大会を素晴らしい物にしていただいた28期の保護者の皆さん
本当に有難うございました。お疲れ様でした。
立正大学をはじめ、多くの皆様のご協力に感謝いたします。
参加して頂いたチーム関係者の皆様、熱い戦いをありがとうございました。
今後共良いお付合いをお願い致します。
posted by 江南南 at 06:22| (OB) 28期だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする